井戸掘り大作戦!Part1続報

2021年11月27日更新

災害用井戸掘りの続報をお伝えします。

14日日曜に3日ぶりとなる作業をしたのですが、なんと不幸なことに3mあまりも泥で埋まってしまっていましたヽ(◎Д◎)ノキャー!

西尾氏に聞いてもはっきりとしたことは分かりませんでしたが、後々よく考えてみれば水の量が豊富なので放置していた間に周りの泥が崩れ、沈殿してしまったのかもしれません。

粘土層とはいっても非常に細かい砂のような部分もありましたので、意外と脆かったのかも?

何にしても底にたまった泥は非常に固く、シュポシュポでは掬い出せそうもなかったので、ドリルで穴をあけるところから始めました(つд⊂)エーン

なんと元の深さまで掘り進めるのに午前中いっぱいかかってしまうというまさかの事態に、心が折れそうでした_| ̄|○ ガクッ

そんなところから5日目始まりま~す!

幹事 L大橋 和典

 

5日目

シュポシュポとドリルを交互に行います。

OGの佐々木さんも陣中見舞いに来てくれました!

L上原は休んでいるわけではありません。パイプに空けた穴の周辺のバリを取ってくれています。女性らしい心遣いで、西尾氏も「今まで取ったことない。」とおっしゃっていました。

力尽きて陽だまりで寝ているわけではありません。地道に穴あけ作業を行うL海老原。

午後は時間の許す限り穴を深くして、その後配管となるパイプを埋めようということになりました。壁が崩れて穴が埋まってしまうのはもうこりごりです(;´Д`)

穴を掘る人、道具を修理する人、次の機材の準備をする人、ガヤを飛ばす人(笑)、と役割も分担されラストスパートです!

今日も子どもたちは興味津々|ू•ω•)チラッ

そしていよいよ配管を入れます!!

穴掘りに使っていた細い塩ビ管のようにしならないので、みんなで心を一つにして一気に立ち上げなくてはならず、まさにクライマックスと言うべき一大行事です。まるで村祭りのような気分です。一仕事終え恍惚の表情を浮かべるL米津(*^□^)

パイプを打ち込み・・・

パイプの周りに砂利を入れていきます。これは軽い水のろ過も兼ねています。

みんなでやります(*^-^*)

パイプを入れた後もパイプ内の泥水をシュポシュポで掬い出します。

今日中にポンプの台座も作ります。

L小笠原もコンクリをこねます(*゚0゚*)スッゴイ!

取り付けが終わった頃には真っ暗になってしまいました。でも、これでもう壁が崩れて穴が埋まることがないのでひと安心ですε-(´∀`*)ホッ

今日も一日頑張りました!また来週!!

 

 

 

6日目

今朝もまずはパイプ内にたまった泥をシュポシュポします。主役は遅れて登場!L安蒜も汗を流します。

静かに見守る現場監督、L岡本( -`ω-)キリッ

さあ、いよいよ手漕ぎポンプを取りつけて試運転です!

最初は泥混じりの真っ黒な水が出てきます。

水がきれいになるまでひたすら漕ぎ続けます。關会長の息子さんも登場!

排水用のマスを作ったのですが、その周りに小石を埋めていきます。ここでも女性陣が大活躍!

今日も子どもたちに手伝ってもらいました!おそらく今の子どもたちは手漕ぎの井戸ポンプなんて触ったことがないでしょうから、みんな楽しそうにやっていました(^^♪

一応完成しました!本当にお疲れ様でした!!

ただ、この後も濁りを無くすためにしばらくは汲み上げ続けないといけないそうです。

お近くを通った際は皆さんもキコキコしてください(*^-^*)

11月26日の様子です。

大分水もきれいになりました(*^^)v

 

 

終わり

 

 

 

 
前のページに戻る
ページトップ