会長方針

流山ライオンズクラブ会長スローガン(L米津 浩一)

流山ライオンズクラブ会長 米津 浩一

 

会長方針

この度、歴史と伝統ある流山ライオンズクラブ 第44代会長を拝命することになりました L米津浩一です。大変身に余る光栄に存じます。
会長の重責を感じつつ懸命に努めて参りますので、皆様のご協力を宜しくお願いいたします。
昨年度は、世界中にひろがった新型コロナウイルスの影響で、感染拡大を抑制するために『緊急事態宣言が発令』となり自宅待機となりました。
その為、特別事業(チャリティ綱引き大会)、クラブ支部の設立、例会、親睦旅行、奉仕活動などが中止となり、残念で気持ちが落ち込んでしまいました。
そこで、今年度のスローガンは、
『大人たちは、感動を 子供たちには、夢を』 
とさせて頂きました。
人の心に残るような奉仕活動 又、地域にとってインパクトのあるアクティビティを開催して、メンバーの皆様とクラブにかかわった皆様全員が、人の幸せをもたらす事の出来る奉仕活動を行って参りたいと考えています。
一年間どうぞよろしくお願い致します。

 

重点施策

  1. 会員増強の為、会員増強特別委員会の設置
  2. 各委員会の活性化
  3. クラブ支部の設立
  4. 継続事業の推進(身障者ボウリング大会・献血推進・薬害防止・奉仕デー等)
  5. 特別事業の開催(第4回スーパーキッズフェス)
  6. WT委員会を設置し女性の観点から会員親睦・奉仕活動を推進する
  7. とうかつ草の根フードバンクへ食品支援

 

前のページに戻る
ページトップ