会長方針

流山ライオンズクラブ会長スローガン(L.鏑木 松幸)

kaicho

 

会長方針

この度、流山ライオンズクラブ第39代会長を拝命しました。 39年と言う歴史と諸先輩方の功績を重く受け止め、微力ではございますが、会長と言う重責を精一杯 努めさせて頂く所存でございます。 楽しいクラブ運営に努め会員相互が知恵を出し合い、力を合わせて地域の皆様に喜んで頂ける様、奉仕活動に取り組んでまいります。 来年CN40周年を向けるにあたり、我々の奉仕活動に賛同してくれる新しい仲間をひとりでも多く増やし、昨年の勢いを引き継ぎ自信と誇りを持って会員の増強・和を以って皆様と楽しく奉仕活動に邁進してまいりますので一年間ご指導、ご協力の程、宜しくお願い致します。

重点施策

  1. ライオンズクラブの存在意義は「奉仕」にあると言っても過言ではないでしょう。我々は常に質の高い価値ある奉仕を維持するため、事業の取捨選択を行いそこで、地域あるいは時代のニーズに合った、新しい事業を見つけて行く努力をしていきたい。
  2. 来年、CN40周年を迎えるに当たりクラブの体力強化の為、
  3. 会員増強特別委員会を設置させて頂きました。
  4. 近年、多発する自然災害等を考えGLT委員会にALERTを追加させて頂きました。
  5. 会員減少に伴い会費も減少しているので、引き続き経費削減に努力し、
  6. 収入に見合った運営を心がける。
  7. 継続事業の推進(婚活・キッズフェス・献血・薬害 等)
  8. 他クラブ例会訪問

 

前のページに戻る
ページトップ